せや! とりあえず書こう。

大阪在住のポタリングが好きなオッサンです。日常のささいなことをゆるーく述べさせてもらいます。

中国製シェーバーもやるじゃないか! 

 これまで電気シェーバーはフィリップスのパワータッチPT76という充電交流式のエントリーモデルを使っていました。

そり味もまずまずで髭の薄い僕には文句のない商品でした。 でも5年ほど使うとさすがにそり味が落ちてきて、替刃を変えようかと思ったら、買ったときの本体よりも高額でした。

あほらしくなって、新品のエントリーモデルでも買おうと思ったのですが、今は安いのは充電モデルしかないのですね。 充電式ではなく充電交流式がほしいのです。

それでamazonでシェーバーを探していたら、フィリップスシェーバーのそっくりさんを見つけました。

 

「あっ、フィリップスのパチモンか」

 

鼻で笑い飛ばしました。 中国は何でもパクるんだと。

でも何か気になりました。そこで購入者の評判を読んでみると、ネガティブな評価は少なくほとんど高評価でした。 ほんまかいな、と思いつつポチりました。

f:id:kaiba0033:20190830070713j:image

SweetLF 3499円。

使ってみた感想。

いいですね。そり味はフィリップスのエントリーモデルと遜色ありません。しかも充電交流式でトリマーも付いています。スマホの充電コードで充電できますし、防水性能はフィリップスのエントリーモデルよりも上です。

フィリップスのパワータッチは水洗いすると下の充電コネクタから水滴が溢れましたが、この製品は大丈夫でした。 しかも5段階のLEDディスプレイが充電残量を知らせてくれるので、とても利便性が良くなりました。

 

それにしても中国製シェーバー恐ろしいです。 こんなに安価で性能いい商品を作られたらメーカーはたまったものじゃないでしょう。 でもいち消費者としてはありがたいです。